選択と決断に必要な事

こんにちは。塩福です。

先日も研修を受けていると書きましたが、本日迄、東京目黒で研修ですので今日帰ります。

東京は本当に便利な街ですね。

今回も研修の合間にいろいろ動き回りましたが、なんでもコンパクトにまとまっていて素晴らしい街ですね。ミニバスのチームも回ろうかと思いましたが、時間が合わずに断念いたしました。

 

さて、昨日は研修を受けたことと我々チームとの中で共通点があるなという事を書きましたが、本日まで、その研修を我々の組織に当てはめて考えてみたいと思います。

 

昨日、指導スタッフ紹介に追記しましたが、私は不動産業をしております。今は売買仲介だけでなく建売住宅の販売もおこなっています。その営業の研修になるのですが、いわゆる営業研修というのは、以前は(ずいぶん昔になりますが。)、クロージングをどのように行うか?どうやって買っていただくか?という事に焦点があてられる研修が多数を占めていたかと思います。

しかし、最近の営業では、いかにお客様の役に立つか?いかにお客様に利益をもたらす提案をするか?という事で差別化していく。お客様に我々自身を価値づけして頂き、我々を選んでいただくといった営業スタイルです。

 

前者は、

〇「この商品はこんなに素晴らしい商品です。しかも、こんなに安い!いかがですか?買わない手はないですよね?」

みたいなイメージです。

後者は、

〇「お客様が今望まれている(困っている)事はなんでしょうか?我々はこのようにしてその問題を解決できます。いかがでしょう?そのお手伝いをさせていだけないでしょうか?」

いかがでしょうか?

どちらの会社を選択し、購入の決断をされますか?

 

現代は、情報にあふれています。

子どもも昔と違い地域のスポーツ団体に入らなくても、遠くのダンス教室や進学の為の学習塾、昔の鹿児島県民であれば選択肢に入っていなかったような選択も多く選ぶことができます。

 

ただ、このu12カテゴリーにおけるスポーツクラブのカテゴリーにおいては、まだまだどの団体を選ぶかという情報が限られていると思います。

なので、しっかり情報発信している他の趣味・習い事がより魅力的に感じるのではないでしょうか?(やはり、u12カテゴリーのバスケットボール競技においては、地域団体が主体となりますため、指導者や保護者は仕事を抱え皆さん忙しいですからなかなか情報発信迄手が回らないと思います。)

 

我々、例えばu12のバスケットボールの団体も、指導者や育成会が頑張って素晴らしい組織が多くあると思います。ただ、情報が外になかなか出ないので、保護者の皆様や選手が選択しようとするには情報が足りないことが多いのではないでしょうか。

 

我々は、この現状を理解したうえでしっかり情報をご提供できる文化を作っていければと思います。

 

隣の芝生は青く見えます。

試合に勝つチームも良く見えます。

 

ただ我々はしっかりと足元を固め子供たちの成長のためにしっかりと向かい合っていきたいと思います。子供たちがbasketballを通じてどれだけその1年間で、その2年間で成長するかだと思います。当然勝利を目指します。指導者も勉強します。

 

頑張っていきたいと思います。

明日からは、またちょっと違う話題にしたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

また、今回はテーマの題名を「選択と決断に必要な事」としております。

この「選択と決断」をバスケットボールでもとても大切にしております。2019年1月と2月のテーマにしていきたいと思っております。

 

それは、例えば選手がプレーをする中でうまくいかずに困ってしまう。その時にその選手がどのような選択ができるのか?そしてその選択したプレーを妥協なく決断してプレーをやり切れるのか!!ここが大切だと思います。

①まず、選択が必要な場面でしっかりと選択肢を与える複数のプレーを指導する!

②一度その決断をしたら成功を目指してプレーをやり切る!

という事が大切だと思っています。いかがでしょうか?

 

1,2月はこれをテーマに指導していこうと思います。

 

練習を見に来られたい方はお気軽にご連絡ください。kagoshimachubu@gmail.com

それでは、良い1日を(^^♪